映画「シンシナティ・キッド」

解説
リチャード・ジェサップの同名小説を、リング・ラードナー・ジュニアと、「博士の異常な愛情」のテリー・サザーンが共同で脚色、「スリルのすべて」のノーマン・ジュイソンが監督したギャンブラーのドラマ。撮影は「36時間」のフィリップ・ラスロップ、音楽は「泥棒を消せ」のラロ・シフリンが担当した。出演は「大脱走」のスティーヴ・マックィーン、「シャイアン」のカール・マルデン、「テスト・ハネムーン」のチューズデイ・ウェルド、ほかにリップ・トーン、ジョーン・ブロンデル、ジェフ・コーリーなど。「いそしぎ」のマーティン・ランソホフが製作した。1965年製作/アメリカ
原題:The Cincinnati Kid
配給:MGM

ストーリー
シンシナティ・キッド(スティーヴ・マックィーン)は渡り者の賭博師。ニューオーリンズの町の小さな賭け金稼ぎに嫌気がさしたころ、ポーカーの名人ランシー(エドワード・G・ロビンソン)がやって来た。キッドはいつか、ランシーと手合わせを、と考えていたので、この社会の長老格シューター(カール・マルデン)にその機会を頼んだ。シューターはかつて血気の勝負師、キッドの自信過剰をたしなめたが結局、2人は対戦した。さて、キッドにはクリスチャン(チューズデイ・ウェルド)という情婦があった。彼女はキッドを深く愛している。が、彼女はもっと安定した生活、家庭、そして子供たちを欲していた。キッドの方は、彼女を愛してはいたが、シューターの妻メルバ(アン・マーグレット)に求められ、その魅力にとりつかれるような、曖昧さも持っていた。大手合わせは全国から人を集めて大きな興奮のうちにスタート。1人ずつ脱落して最後に残ったランシーとキッドの決戦--。キッドは敗れた。完全に孤独だった。だがクリスチャンだけが、彼を暖かく迎えた。彼女は彼が勝ったのか負けたのかも知らなかった。賭博師の女の、暗黙のルールで、カードのことに関しては一切係らないのだ。彼が文なしだとわかると、彼女は持ち金のすべてを彼に渡した。12ドル。キッドに生気がよみがえる。いつもの元気な様子で、じっと見守った。クリスチャンに背を向けながらいう「アパートに帰ってろよ。そこで会おう。」

映画.com https://eiga.com/movie/45705/

ポーカーゲームの面白さが分かると同時に、マックィーンの魅力全開の映画。

主人公が最後勝つのかと思ったら、負けて終わるんです。
しかも劇場公開時は、彼女が待っているシーンはなく、キッドは顔なじみの黒人少年とのコイン勝負にも負け呆然自失になるところで終わるらしい(;Д;)

casinox LINE公式アカウントを始めました!

オンラインバカラの情報をお届けします!

LINEチャットで、個別のご質問も受け付けています。
casinox とのやり取りは他の方のLINEには表示されませんので、お気軽にご質問下さい!

https://lin.ee/zkuiAPH

友だち追加

お薦めカジノ映画の最新記事8件

>casinox バカラロジック F-MAX

casinox バカラロジック F-MAX

casinox 史上最強のバカラロジックが完成しました!

CTR IMG